カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

沖縄の守り神【タックワァーサーシーサー 1対(阿吽)】宮城光男




自ら天才を謳う宮城光男さんの自信にあふれたシーサー達!

タックワァー”とは“くっつける”という意味です。
このシーサーは顔と尻尾は陶器で作られています。
これを漆喰と“タックワァー”してつくりました。
小さいけれど伝統的な、手間のかかったシーサーです

阿吽(あ・うん)の「阿」は口の開いているほう。「吽」は口の閉じているほうです。




沖縄の伝統工芸  シーサー

シーサーは、琉球王国の大航海時代(14〜15世紀)頃、中国より沖縄にもたらされたものと考えられています。魔除けや守り神として存在し、寺社や城の門、御嶽、貴族の墓陵集落の入口に置かれていました。 やがて一般民衆にも広まったシーサーは風水思想に基づき、向きにもこだわりが生まれてきました。

家屋への道に突き当たる側の屋根や庇の上に置いて悪霊返しとし、午(南)の方角へ向けると火災防止、丑寅(北東)の方角へ向けると台風から家を守る水難防止になるといわれています。

また、シーサーは2体1組のものがよく見られますが、必ずしも一対のものだけでなく、屋根に置く単体のシーサー、頭部だけのチブルシーサー、壁面に設置されたりする面獅子などがあり、材質も漆喰、焼物、石など様々なものがあります。 今日ではそのユーモラスな顔かたちが広く愛され、沖縄の代表するキャラクターとなっています。

漆喰シーサー…もともとは、瓦屋根を葺く際に使われた漆喰の余った漆喰で、新築祝いにと瓦職人がシーサーを作って贈ったのが始まりといわれています。
個性的な形やカラフルな彩色のシーサーも多く産まれています。



●一つ一つ手作りの為、微妙に姿形が違います。
●手作りの商品のため、色・形状など画像と多少異なる場合がございます。
 あらかじめご了承の上お買い上げ下さい。
※売り切れの際は制作に時間を頂くことがあります。


 
●商品番号:10660869
商品情報
サイズ 約 巾9cm×奥行き10cm×高さ10.5cm
制作者 宮城光男



沖縄の守り神【タックワァーサーシーサー 1対(阿吽)】宮城光男

価格:

9,072円 (税込)

[ポイント還元 90ポイント〜]
購入数: セット

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

ページトップへ